「技能」の在留資格は、

「日本の公私の機関との契約に基づいて行う産業上の特殊な分野に属する時行く連した技能を要する業務に従事する活動」

とされています。

具体的には、外国料理の調理師、外国で考案された工法による建築、外国製品の製造・修理、宝石・貴金属・毛皮の加工、動物の調教、航空機の操縦、スポーツ指導者、ワインの鑑定などが該当します。特に多いのが外国料理店のコック・調理師です。

技能の在留資格の許可の主なポイント

1.業務経験を有すること

それぞれの業務に応じて必要な実務経験年数が定められています。(主な要件は次のとおりです。)実務経験の年数については、所属していた機関からの在職証明書等(実務経験を証明する文書)の立証書類を提出する必要があります。

■調理師:10年以上の実務経験を有する者

※ただし、タイ料理人については次の要件を満たすことが必要です。

①タイ料理人として5年以上の実務経験を有していること(タイ労働省が発効するタイ料理人としての技能水準に関する証明書を取得するための要件を満たすために教育機関において教育を受けた期間を含む)

②初級以上のタイ料理人としての技能水準に関する証明書を取得していること

③日本国への入国及び一時的な滞在に係る申請を行った日の直前の一年の期間に、タイにおいてタイ料理人として妥当な額の報酬を受けており、又は受けていたことがあること。

■建築技術者:外国に特有の建築又は土木に係る技能について10年 (当該技能を要する業務に10年以上の実務経験を有する外国人の指揮監督を受けて従事する者の場合にあっては5年) 以上の実務経験(外国の教育機関において当該建築又は土木に係る科目を専攻した期間を含む)を有する者

■外国製品の製造・修理:外国に特有の製品の製造又は修理に係る技能について10年以上の実務経験を有する者(外国の教育機関において当該製品の製造又は修理に係る科目を専攻した期間を含む)

■宝石・貴金属・毛皮加工:宝石、貴金属又は毛皮加工に係る技能について10年以上の実務経験を有する者(外国の教育機関において当該加工に係る科目を専攻した期間を含む)

■スポーツ指導者:スポーツの指導に係る技能について3年以上の実務経験(外国の教育機関において当該スポーツの指導に係る科目を専攻した期間及び報酬を受けて当該スポーツに従事していた期間を含む)を有する者で、当該技能を要する業務に従事するもの又はスポーツの選手としてオリンピック大会、世界選手権大会その他の国際的な競技会に出場したことがある者で、当該スポーツの指導に係る技能を要する業務に従事する者

などとされています。(その他の職種についての要件をお知りになりたい方は専門家にお問い合わせ下さい。)

2.外国人と雇用主との間に契約があること

契約は雇用契約だけでなく、業務委託契約(請負契約)でも問題ありません。コックの方で多いのですが、自ら店舗を持って経営をする場合には、「技能」の在留資格には該当しませんのでご注意下さい。

3.日本人が従事する場合と同等以上の報酬であること

同じ会社に勤務する同じ仕事に従事する日本人と同等以上の給与水準であることとされています。

コック・調理師の技能ビザ取得の注意点

「技能」のビザの中で最も取得する方の多いコック・調理師のビザについての審査のポイントとして次の事項にも注意が必要です。

■外国料理の専門店であること  ファミレスや日本のラーメン店、居酒屋などでは技能ビザは取れません。

■座席数がある一定規模であること  あまりに小さな店舗の場合には許可の可能性が難しくなります。座席数が30席以上あることは有利に働きます。

※新規開店したばかりのお店でも外国人調理師を海外から呼び寄せることは可能です。しかし、店舗の実績などがありませんので、事業計画書などを提出する必要があります。

お気軽にお問い合わせください。(日本語のみ)0120-966-076営業時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

初回無料相談のご予約はこちら メールでのお問い合わせは24時間受付中