配偶者ビザ・結婚ビザって?

外国人が日本人と国際結婚をし、日本で結婚生活を送る場合、通常、取得する在留資格は「日本人の配偶者等」と呼ばれるビザです!

※日本人の実子(結婚していない日本人との間に生まれた子も該当します。)、特別養子もこちらのビザに該当します。

日本人と結婚したというだけでは日本に住めないの?

日本人と国際結婚をしても、結婚の手続きをしただけでは日本で結婚生活を送ることはできません。

日本に滞在するには、在留資格
(ビザ)が必要です。

日本人と結婚した人=「日本人の配偶者」としての身分に基づく活動を日本で行うためには (難しい表現ですが、日本人の配偶者という身分で日本に滞在するにはという意味です) 、「日本人の配偶者等」というビザを取得しなければならないのです!

国際結婚から配偶者ビザ申請まで

まずはお互いの国の法律に従い国際結婚の手続きを

日本人同士が結婚する場合には、婚姻届を市区町村役場に提出すればよいのですが、日本人と外国人が結婚する場合には、多くの場合、日本での婚姻手続きと外国人の配偶者の母国との両方で婚姻手続きをしなければなりません。

というのも、日本人の配偶者等のビザを取得する大前提として、日本と外国人配偶者の母国との両方で婚姻が成立している必要があるのです。(ビザの申請の際にはいずれの国でも婚姻が成立していることを証明する書類を提出する必要があります。)

つまり・・・

ビザの申請をする前にまずは国際結婚の手続きをする必要があります。

※国際結婚の手続きや必要となる書類は国によって様々です。提出書類など国際結婚の手続きに関するお問合せは各国の大使館などで最新の情報をご確認下さい。

配偶者ビザ・結婚ビザの申請手続き

無事に国際結婚の手続きが済んだら次は、配偶者ビザの申請手続きを出入国在留管理庁(入管)に行います。

申請は居住地(居住予定地)を管轄する入管へ行います。

◎海外にいる婚約者を日本に呼びたい!

海外にいる婚約者を日本に呼び寄せて、日本で結婚生活を送る場合には、

在留資格認定証明書交付申請

を行います。

◎日本にすでに住んでいる婚約者の在留資格を変更したい!

留学や就労などのビザですでに日本に住んでいる外国人の方と結婚をして、引き続き日本で生活をする場合には、

在留資格変更許可申請

を行います。

今持っている在留資格のままじゃダメですか?
例えば、今あなたが日本で働いていて、「技術・人文知識・国際業務」のビザを持っているとします。結婚してもその仕事をこれまでと同じように続けるのであれば、在留資格を変更しなくてもいいと考える方もいらっしゃると思います。
ただ、在留資格の変更は変更事由が生じたら速やかに行うこととされていますし、「日本人の配偶者等」の在留資格に変更すると様々なメリットもありますので、変更することをお勧めします。

【メリット】
・どんな仕事にも就くことができます。(就労ビザは決められた仕事しかできません)
・仕事をやめてもビザが取り消されることはありません。
・帰化申請や永住申請のハードルが下がります。

配偶者ビザの申請手続きは自分でできますか?

配偶者ビザの手続きは
こちらの画像をクリックしてください

配偶者ビザの手続きを自分で行いたい方も多いと思います!もちろん、自分で申請することもできます。

配偶者ビザの申請については別のページで詳しく説明をしていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

行政書士などの専門家へのサポートをおすすめするケース

以下の場合には不許可のリスクが高まりますので、専門家にご相談いただくことをおすすめします。

  • 実際にお会いした回数が少ない方
  • 夫婦の年齢差が大きい方
  • 出会い系のサイトで知り合った方
  • オーバーステイ等がある方 など

偽装結婚などの増加により、入管では結婚の実体については、とても厳しく審査されます。例え真実の結婚であったとしても、提出する書類の不足などにより不許可となることもありますので、ご不安な点等ございましたら、ぜひご相談ください!

配偶者ビザのよくあるご相談事例

Q. 年の差婚ですが、ビザは取れますか?

夫婦の年齢差が大きいからといって必ずしも不許可となるわけではありません。しかし、概ね15歳以上年の差がある場合には、偽装結婚ではないかと疑われやすく、かなり厳しく審査されます。
この場合には、
・交際に至った経緯
・交際中二人でどんなところに行ったか(行った場所の写真等の添付)
・お二人の両親に挨拶をしたか(その時の写真等の添付)
・結婚式を行ったか
・どうして結婚しようと思ったか
など、交際や結婚に至った経緯、交際の内容等を立証書類を元に詳しく説明していく必要があります。

Q. 日本人の配偶者の収入が低いのですが大丈夫ですか?

日本人の配偶者の収入がいくら以上でなければいけないという明確な基準はありません。重要なのは、現在の収入や保有する預貯金などの資産、親族等の援助などにより、今後、お二人が安定した生活を送れるかどうかです。
例えば、実家で同居する場合には、家賃がかかりませんので、一般的な平均年収に比べて多少年収が低い場合でも許可が下りる可能性があります。
また、親族等の援助を受けられる場合には、それを説明した書類や親族等の収入を証明する書類などを添付し、生活が成り立つことを立証していく必要があります。

Q. 留学生と結婚することになったのですが、留学ビザから配偶者ビザへの変更はできますか?

留学生の学校での成績が平均以下の場合や、出席率が悪い場合には注意が必要です。もう学校に通いたくないとか留学ビザの更新が難しいから、結婚するのではないかと、偽装結婚を疑われる可能性があります。出席率が低い場合でも、合理的な理由(病気で学校に通うことができなかったなど)がある場合には、出席率が低くなってしまった理由を立証書類を提出の上、丁寧に説明していく必要があります。また、奨学金を受けている留学生等で、結婚後も学校に通学し続ける予定の方は、配偶者ビザへ変更することで奨学金の受給要件から外れてしまう場合がありますのでご自身が受けている奨学金制度をご確認ください。

結果通知~入国まで

◎海外にいる婚約者を日本に呼び寄せる場合

在留資格認定許可申請が無事に許可された場合、受け取った「認定証明書」を国際郵便(EMS)で外国人配偶者へ送ります。

「認定証明書」を受け取った外国人配偶者は、現地にある日本大使館(領事館)でVISA(査証)の申請をします。

VISA(査証)を受け取ったら、日本へ入国します。(空港で在留カードを受け取ります。)

◎すでに日本に住んでいる外国人の場合

無事に在留資格の変更が許可された場合には、入国管理局で新しい在留カードを受け取ります。

行政書士オールシップの配偶者ビザ申請サービス

行政書士オールシップでは、配偶者ビザの申請を全力でサポートいたします!

配偶者ビザの申請は自分でもできます。 申請書や、質問書、申請に必要な書類一覧は入管のHPに記載されていますので、お友達などからアドバイスを受けて自分で申請される方も多いと思います。

ただ、ご注意いただきたいのは、

結婚相手や条件が一つ一つ異なるのと同様に、一つとして同じ結婚はありません。ですので、お友達の配偶者ビザが許可されたからといって必ずしもあなたのケースでも同じように許可が出るとは限らないのです。

入管に一度提出した書類は、入管に残り続け、以後の申請にも影響を及ぼします。また、初めて配偶者ビザを申請した場合には、1年の許可となることが多いのですが、人によっては10年たっても1年のビザしか取れない方もいます。

決して安易に考えず、不安なことはぜひ専門家へご相談してください!

浦安・市川・船橋はもちろん千葉・東京のお客様もぜひご相談下さい!配偶者ビザ初回相談無料!

浦安市での配偶者ビザ・国際結婚ビザはこちら

市川市での配偶者ビザ・国際結婚ビザはこちら

千葉市での配偶者ビザ・国際結婚ビザはこちら

お気軽にお問い合わせください。(日本語のみ)0120-966-076営業時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

初回無料相談予約はこちら メールでのお問い合わせは24時間受付中