配偶者ビザ(結婚ビザ)とは、外国人が日本人と結婚して、日本で結婚生活を送るために必要となるビザで、正式には「日本人の配偶者等」といいます。
あくまで、日本で結婚生活をおくる場合に許可されるビザなので、実際には一緒に暮らしていない場合などの様に夫婦としての実体がない場合には、たとえ本当の結婚であっても認められない場合もあります。
最近では、偽装結婚が増加していて、入国管理局では結婚の実体についてはとても厳しく審査されます。提出する書類の不足などにより不許可となることがないようご不安な点がございましたらご相談ください。

国際結婚から配偶者ビザ(結婚ビザ)申請まで

日本人同士が結婚する場合には、婚姻届を市区町村役場に提出すればよいのですが、日本人と外国人が結婚する場合には、多くの場合、日本での婚姻手続きと外国人の配偶者の母国との両方で婚姻手続きをしなければなりません。

というのも、日本人の配偶者等のビザを取得する大前提として、日本と外国人配偶者の母国との両方で婚姻が成立している必要があるのです。(ビザの申請の際にはいずれの国でも婚姻が成立していることを証明する書類を提出する必要があります。)

つまり、ビザを取得する前にまずは国際結婚の手続きをする必要があります。

※国際結婚の手続きや必要となる書類は国によって様々です。提出書類など国際結婚の手続きに関するお問合せは各国の大使館などで最新の情報をご確認下さい。

配偶者ビザの申請についてはこちらをご参照下さい。

ビザ申請から入国まで

すでに日本に別の在留資格(例えば技術・人文知識・国際業務のビザなど)で在留している外国人は、無事に在留資格変更許可申請がなされると、入国管理局で新しい在留カードを受け取ります。

海外にいる外国人の配偶者の場合には、在留資格認定許可申請が無事に許可された場合、受け取った「認定証明書」を国際郵便(EMS)で外国人配偶者へ送ります。

「認定証明書」を受け取った外国人配偶者は、現地にある日本大使館(領事館)でVISA(査証)の申請をします。

VISA(査証)を受け取ったら、日本へ入国します。(空港で在留カードを受け取ります。)

日本人の配偶者等のビザで特に注意を要するケース

以下のケースの場合には不許可の可能性が高まりますので、専門家にご相談いただくことをおすすめします。

  • 実際にお会いした回数が少ない方
  • 夫婦の年齢差が大きい方
  • 出会い系のサイトで知り合った方
  • オーバーステイ等がある方 など

お気軽にお問い合わせください。(日本語のみ)0120-966-076営業時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

初回無料相談のご予約はこちら メールでのお問い合わせは24時間受付中