永住ビザを取得するための一般的な必要書類は次の通りです。申請人の状況により添付する書類は異なりますので、あくまで参考としてご活用下さい。

永住ビザ取得の必要書類

  1. 永住許可申請書 
  2. 写真(縦4cm×横3cm) ※提出の日前3ヶ月以内に撮影されたもの(16歳未満の方は不要)
  3. 理由書(日本人(永住者)の配偶者等からの変更の場合には任意)
  4. 身分関係を証明する次のいずれかの資料:戸籍謄本や除籍謄本、出生証明書、婚姻証明書など
  5. 申請人を含む家族全員(世帯)の住民票 (記載省略のないもの・マイナンバーは記載しない)
  6. 申請人又は申請人を扶養する者の職業を証明する次のいずれかの資料
    1. 会社等に勤務している場合:在職証明書
    2. 自営業等である場合:確定申告書控えの写し、営業許可書の写し(ある場合)、登記事項証明書 、定款のコピー、会社案内など
    3. その他の場合:職業に係る説明書(書式事由)及びその立証書類   
  7. 直近の申請人または申請人を扶養する方の所得及び納税状況を証明する資料(日本人の配偶者等からの変更の場合は過去3年分、定住者・就労関係のビザなどからの変更の場合には過去5年分が必要)
    1. 住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書 (※1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であればいずれか一方でかまいません)
    2. 住民税を適正な時期に納めていることを証明する資料(通帳の写し、領収証書等)※普通徴収の場合
  8. 国税の納付状況を確認する資料
    1. 源泉所得税及び復興特別所得税,申告所得税及び復興特別所得税,消費税及び地方消費税,相続税,贈与税に係る納税証明書(その3)
  9. 預貯金通帳の写しや不動産の登記簿謄本等
  10. 申請人又は申請人を扶養する方の公的年金及び公的医療保険の保険料の納付状況を証明する資料 ( ※過去2年間に加入した公的年金制度及び公的医療保険制度に応じて提出。(複数に加入していた場合には、それぞれの資料が必要) )
    1. 直近(過去2年間)の公的年金の保険料の納付状況を証明する資料 :ねんきん定期便(全期間の年金記録が表示されているもの。ハガキタイプの「ねんきん定期便」は不可)や国民年金保険料領収書の写しなど
    2. 直近(過去2年間)の公的医療保険の保険料の納付状況を証明する資料:健康保険証の写し及び国民健康保険料の納付証明書や領収証書
    3. 会社経営者の場合には、10-1、10-2に加えて直近2年間のうち事業主である期間について、事業所における公的年金及び公的医療保険の保険料に係る資料 などが必要になります。
  11. パスポート(原本提示)
  12. 在留カード(原本提示)
  13. 身元保証人に関する資料
    1. 身元保証書  ※身元保証人には通常、配偶者がなります
    2. 身元保証人の職業を証明する資料(会社員の場合には在職証明書、自営業の場合は法人の登記事項証明書など)
    3. 直近(過去1年分)の所得証明書
    4. 住民票  ※申請人と同一世帯の場合には、一通で構いません
  14. 不動産を所有している場合には不動産の登記事項証明書
  15. その他
    1. 自宅の賃貸借契約書のコピー
    2. 自宅写真(外観、玄関、キッチン、リビング、寝室など)
    3. スナップ写真(家族や職場の人などと写っているもの) 3枚以上
    4. 卒業証明書のコピー
    5. 表彰状、感謝状などの写し

お気軽にお問い合わせください。(日本語のみ)0120-966-076営業時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

初回無料相談予約はこちら メールでのお問い合わせは24時間受付中