日本で生活して数年。

今後もずっと日本で生活をしていきたい。

そんな時に考えるのが帰化申請または永住申請ではないでしょうか?

どちらも取得すれば日本に住み続けることができますが、この2つ、似ているようで大きく異なるものなのです。

取れるならどちらでもいいや。

だと、後々後悔することになるかもしれません。

大切なことだからこそきちんと納得してお手続きを進めていただきたいと思っています。

帰化申請と永住ビザの違い

  1. 帰化申請とは・・・外国人が日本国籍を取得する手続きです。
  2. 永住ビザとは・・・もともとの国籍(外国人の方の今の国籍)のまま日本に住み続けることのできる権利です。

どちらも日本に住み続けることができる制度なのですが、国籍が変わるか変わらないかという大きな大きな違いがあります。

帰化申請永住ビザ
申請先法務局入国管理局
許可後の国籍 日本国籍
※本国の国籍は喪失
もともとの国籍
パスポート 日本のパスポート 本国のパスポート
在留資格の更新 在留資格不要 無期限なので更新は不要
※ただし在留カード自体の更新手続きは必要
職業 制限はありません。 法律に反しない限りは制限はありません。
ただし、公務員には基本的にはなれません。
日本の戸籍 戸籍が編成される 戸籍はもてません
選挙権・被選挙権 選挙権有。(選挙で投票ができます) 選挙権はありません
退去強制 (例え重犯罪を犯しても)母国へ戻されることがない 母国へ退去させられることがある
※永住権が取り消されることもあります。

帰化申請と永住ビザ、どちらを選択すべきか?

どちらを選んだらいいんですか?

どちらが取りやすいですか?

このようなご質問をいただくことがありますが、帰化申請と永住権取得は上記のように全く異なるお手続きです。どちらを選んだらいいかは、その方の思想や将来のビジョンなどによっても異なります。ただ、一度帰化するともとの国籍に戻す手続きは簡単ではありません。違いをご理解いただき、ご自身の希望にあったお手続きを選択していただければと思います。

申請するにあたり、ご不安なことは我々専門家にぜひご相談下さい。