帰化申請後の事情変更

帰化申請後に、許可前に申請した内容や既に法務局の担当官に話した内容に変更が生じた場合、または、新たに予定ができたときには、必ず、すみやかに法務局の担当官に連絡してください。

  1. 住所または連絡先を変更したとき
  2. 婚姻、離婚、出生、死亡、養子縁組、離縁など身分関係に変動があったとき
  3. 在留資格や在留期間が変わったとき
  4. 日本からの出国予定(再入国予定を含む)が生じたとき
  5. 日本からの出国後、再入国したとき
  6. 法律に違反する行為(交通違反を含む)をしたとき
  7. 勤務先など、仕事関係が変わった時
  8. 帰化後の本籍や氏名を変更しようとするとき
  9. その他法務局へ連絡する必要が生じたとき(例えば新たな免許資格の取得などがあったとき)

海外に出国中に帰化の許可が下りてしまうと、出国中に国籍が代わってしまうこととなり、日本を出国した際のパスポートでは戻ってこれなくなってしまいますので特にご注意ください。