市川市にお住まいの方!配偶者ビザ・国際結婚ビザの申請はお任せください!!

行政書士オールシップは、千葉県市川市のおとなりにある浦安市のJR京葉線新浦安駅直結のイオン新浦安内にあるビザ・帰化申請を専門とする行政書士事務所です。当事務所は駅直結でアクセス良好、最寄りの新浦安駅からは雨でも濡れずに来られるため、市川市のお客様からのご相談も多くいただいております。
市川市にお住いで配偶者ビザ・国際結婚ビザの取得をお考えの方!!ビザ・帰化申請専任の申請取次行政書士があなたのビザ申請を全力でサポート致します。

行政書士オールシップが選ばれる理由

① ビザ専任の女性申請取次行政書士が対応

配偶者ビザを取得するには、申請する側が真実の結婚であることを立証しなければなりません。そのため、こんな事まで話さなきゃいけない?というプライベートな内容までお話しいただき、書類を作っていくことがとても重要となります。話しやすい雰囲気、女性ならではの細やかな視点、丁寧な対応で配偶者ビザの申請を全力でサポートいたします。

② 新浦安駅徒歩2分の好立地!土日も応相談

行政書士オールシップはJR京葉線新浦安駅北口の駅の目の前にあるイオン新浦安内の行政書士事務所です。駅からは濡れることもなく事務所へ移動でき、またショッピングセンター内にあるので、お買い物のついでにご相談も可能。土日は事前にご相談いただければ対応できる場合がありますのでお問い合わせください。

③ 不許可の場合には成功報酬は不要です

お客様のご状況をヒアリングさせていただき、事前お見積もりをご提示致します。受任時に着手金として報酬の半分をお支払いいただきます。万が一結果が不許可の場合には、無料で再申請!最終結果が不許可の場合には成功報酬はいただきません!

※弊所のミスによる不許可の場合など一定の条件があります。詳しくは初回相談の際にお問い合わせください。

配偶者ビザ・国際結婚ビザの解説(ビザの取得要件)

配偶者ビザ報酬表

※この他に印紙代、書類取得代、交通費が別途かかります。
難度案件については、別途加算料金が発生しますが、事前にお見積もりを提示致します。

配偶者ビザご相談の流れ

日本人の配偶者等のビザ申請必要書類

◆海外にいる婚約者を日本へ呼び寄せる場合

1.在留資格認定証明書交付申請書

2.写真(縦4cm×3cm)

 ※申請前3カ月以内に正面から撮影された無帽、無背景で鮮明なもの

 ※写真の裏面に申請人の氏名を記載し、申請書の写真欄に貼付してください。

3.日本人配偶者の戸籍謄本

 ※申請人との婚姻事実の記載のあるもの。婚姻事実の記載がない場合には、戸籍謄本に加え婚姻届出受理証明書の提出が必要です。

 ※発行日から3カ月以内のものを提出

日本人配偶者の戸籍謄本は、本籍地の市区町村の役所にて取得できます。市川市が本籍地の方は市川市役所にて取得できます!
婚姻届出受理証明書は、婚姻届を提出した市区町村の役所でのみ取得できます。例えば、本籍地が市川市でも婚姻届を提出したのが浦安市役所の場合には、市川市役所では取得できませんのでご注意下さい。この場合は、浦安市役所でのみ取得できます。

4.申請人の国籍国(外国)の機関から発行された結婚証明書

 ※申請人が韓国籍等で戸籍謄本が発行される場合には、申請人と日本人配偶者との婚姻が記載された外国機関発行の戸籍謄本の提出でも差し支えありません。

5.配偶者(日本人)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)

 ※1月1日現在居住している市区町村の区役所・市役所・役場から発行されます。

 ※発行日から3カ月以内のものを提出してください。

 ※1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば、いずれか一方でかまいません。

現在、市川市にお住いの場合でも、請求する年の1月1日の時点で市川市以外(例えば浦安市)に住んでいた方は、当時住んでいた市区町村の役所にて取得します。この場合は、浦安市役所で取得することになり、市川市役所では取得できません。ご注意ください!

6.日本人配偶者による身元保証書

※身元保証人には、通常、日本に居住する配偶者(日本人)がなります。

7.日本人配偶者の世帯全員の記載のある住民票の写し

 ※発行日から3カ月以内のものを提出してください。

 ※個人番号(マイナンバー)については省略し、他の事項について省略のないものを提出してください。

8.入国管理局所定の質問書

9.スナップ写真   2~3枚

 ※夫婦で写っており、容姿がはっきり確認できるもの

10.返信用封筒(定型封筒に宛先を明記の上、404円の切手(簡易書留用)を添付したもの

※上記は一般的な必要書面です。上記以外でもお客様のご事情によって提出が必要な書類等があります。

市川市にお住まいの方の配偶者ビザの主な申請先

配偶者ビザの申請は、居住地(居住予定地)を管轄する出入国在留管理局へ申請します。

例えば、市川市にお住い(予定)のお客様の場合、

◆東京出入国在留管理局

東京都港区港南5-5-30

◆千葉出張所

千葉県千葉市中央区千葉港2-1 千葉中央コミュニティーセンター内

のいずれかに申請します。

※在留関係諸手続きについてはさいたま出張所でも可(在留資格認定証明書交付申請は不可)

詳しくは、こちらでご確認ください!

よくあるご質問

配偶者ビザの申請は自分でできますか?
はい! ご自身での申請もできます。申請書や、質問書、申請に必要な書類一覧は法務省のHPにあります。
しかし、法務省のHPに記載されている必要書類は、あくまで必要最低限度の書類です。この必要最低限の書類で許可されることは稀で、お客様のケースによって、これ以外にも提出した方がよい書類は様々です。
また、配偶者ビザの許可が下りたご友人と同じ書類を提出したからといって、お客様のケースでも必ず許可が下りるとは限りません。
ご不安な場合には、行政書士などの専門家にご相談されることをおすすめします。
夫婦の年齢差が大きいです。ビザは許可されますか?
夫婦の年齢差が大きいからといって必ずしも不許可となるわけではありませんが、概ね15歳以上年の差がある場合には、かなり厳しく審査されます。
この場合には、
・交際に至った経緯
・交際中二人でどんなところに行ったか(行った場所の写真等の添付)
・お二人の両親に挨拶をしたか(その時の写真等の添付)
・結婚式を行ったか
・どうして結婚しようと思ったか
など、交際や結婚に至った経緯、交際の内容等を立証書類を元に詳しく説明していく必要があります。
日本人の配偶者の収入はどのくらい必要ですか?
日本人の配偶者の収入がいくら以上でなければいけないという明確な基準はありません。重要なのは、現在の収入や保有する預貯金などの資産、親族等の援助などにより、今後、お二人が安定した生活を送れるかどうかです。
例えば、実家で同居する場合には、家賃がかかりませんので、一般的な平均年収に比べて多少年収が低い場合でも許可が下りる可能性があります。
また、親族等の援助を受けられる場合には、それを説明した書類や親族等の収入を証明する書類などを添付し、生活が成り立つことを立証していく必要があります。
相談は無料ですか?
初回の相談を無料で対応しています。相談の中でお客様の状況をヒアリングし、配偶者ビザの許可要件を確認します。
ご依頼いただく場合も、無料相談のなかで、費用やスケジュールをしっかり説明しますので、ご納得いただいてからご依頼いただけます。
相談の際に用意する書類はありますか?
パスポートと在留カードをご用意ください。
そのほか、結婚までのお二人の関係や就職状況などをヒアリングします。
費用の支払いはどのようになりますか?
費用はまず着手金として半額をお支払いいただきます。着手金のお支払い後、申請業務に着手いたします。
残金は許可後にお支払いいただきます。
もし不許可なら費用はどうなりますか?
不許可になった場合、着手金を除く残金をお返しいたします。
ただし、お客様から提供いただいた書類や事情が虚偽であった場合や、申請途中に失業や別居など状況が変り不許可となった場合など、お客様の事情に原因がある場合は返金対象外です。
また、再申請でリカバリーが可能そうであれば、無料で再申請もいたします。

日本で幸せな結婚生活を送るために

結婚しても、配偶者ビザの許可が下りなければ日本で結婚生活を送ることはできません。結婚相手が一人一人異なるように、結婚の形も人それぞれです。
配偶者ビザの申請は、それぞれのケースに合った書類の作成、立証書類の提出がとても重要になります。
行政書士オールシップは、ビザ申請・帰化申請を専門とする行政書士事務所です。入管の最新動向なども常にチェックし、市川市にお住まいの方の配偶者ビザ取得を全力でサポートいたします!

ために

参考情報:市川市で配偶者ビザを申請する場合の関係役所

市川市役所

千葉県市川市南八幡2丁目20番2号

【市民課】

市川市では、 住民票や戸籍謄本を市川市役所の本庁舎のほか、 行徳支所、大柏出張所、南行徳市民センター、市川駅行政サービスセンターの市民課窓口でも書類の請求が可能です。

【市民税課】

住民票の納税証明書・課税証明書を取得できます。

【固定資産税課】

不動産をお持ちの場合は、固定資産税の納税証明書を取得できます。

千葉地方法務局市川出張所

千葉県市川市大野町4丁目2156番地1

市川市の不動産をお持ちの方は、不動産の登記事項証明書を取得できます。

市川市からのアクセスのご案内

◆JR総武線 市川駅からのアクセス

JR市川駅より約30分(乗車時間約15分)

JR市川駅 ー 総武線各駅停車 → 西船橋 - 武蔵野線 → 新浦安駅

◆地下鉄東西線 行徳駅からのアクセス

1.地下鉄東西線 行徳駅より約30分(乗車時間約17分)

行徳駅 - 地下鉄東西線 → 西船橋駅 - 武蔵野線 → 新浦安駅

2.地下鉄東西線 行徳駅より約30分(乗車時間14分)

行徳駅 - 地下鉄東西線 → 浦安駅 - 東京ベイシティバス → 新浦安駅

◆JR総武線 本八幡駅からのアクセス

1.JR総武線 本八幡駅より約30分(乗車時間約13分)

JR本八幡駅 - 総武線各駅停車 → 西船橋駅 - 武蔵野線 → 新浦安駅

2.JR総武線 本八幡駅南口より約45分

本八幡駅南口 -  京成トランジットバス (新浦安駅行) → 新浦安駅

◆JR武蔵野線 市川大野駅からのアクセス

JR市川大野駅より約20分

JR市川大野駅 - 武蔵野線 → 新浦安駅

当事務所へのアクセス

〒279-0012 千葉県浦安市入船1-4-1 イオン新浦安5階

JR新浦安駅の改札を出て右方向(海側)に進むと、駅を背にして正面にイオン新浦安があります。駅からは2階の遊歩道でつながっていますので雨に濡れずにお越しいただけます。イオン新浦安の右端にある西棟専用エレベーターを使って5階までお越しください。

お気軽にお問い合わせください。(日本語のみ)0120-966-076営業時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

初回無料相談のご予約はこちら メールでのお問い合わせは24時間受付中