スタッフ紹介

代表 司法書士・申請取次行政書士 市山 智

早稲田大学法学部を卒業後、企業法務部や司法書士事務所勤務を経て、2011年12月に事務所を開設。開設以来、不動産登記、相続、会社登記・企業法務など幅広いサービスを提供し、クライアントに身近で親しみやすいスタンスが好評を得ている。

ご挨拶

こんにちは。代表の市山です。

在留ビザは、ときには本人の人生だけでなく家族の人生をも左右するとても大切なものです。

当事務所では、一人ひとりに真剣に丁寧に向き合い、依頼者と二人三脚でビザの取得に向けてサポートしています。

また、帰化申請は入管ではなく、法務局管轄になります。そのため、就労や配偶者ビザと異なり、少し勝手が違います。

あなたの大切な「国籍を取得する」という手続き、ミスなく漏れなく専門家にお任せください。

外国の方の在留資格・帰化分野について、

「日本で外国人の方によりよく活躍してもらいたい」「日本を好きになってもらいたい」という思いで業務に励んでいます。

ビザの取得・帰化の手続きで迷ったら、ぜひお気軽にご相談ください。

担当 申請取次行政書士 赤木 綾子

中央大学卒業後、大手外資系コンサルタント会社に勤務中の平成14年に行政書士試験に一発合格。資格取得を機に都内法律事務所に転職。結婚、出産を経て、平成26年9月より行政書士・司法書士法人オールシップに勤務。

ご挨拶

こんにちは。行政書士の赤木と申します。

外国人の皆様が日本で生活するためには在留資格(ビザ)が必要不可欠です。在留資格(ビザ)の申請は不許可になってしまうと、日本に滞在することができなくなってしまうとても重要な手続きです。例えば、結婚ビザが不許可になってしまうと、夫婦でありながら日本で結婚生活を送ることができなくなってしまいます。

夢を抱いて日本にいらっしゃる方、大事なパートナーとの生活を夢みて日本にいらっしゃる方、母国の家族を支えたいという思いの方、そんなかけがえのない皆様の思いを日本で実現していただくために、日本滞在の第一歩となる在留資格(ビザ)取得を全力でサポートしたいという思いで日々業務に向かっております。

行政書士というと普段あまり馴染みがないお仕事ですので、近寄りがたい印象をもたれる方も多いかと思います。私は女性ならではの親切・丁寧な対応、決め細やかなサポートを心がけており、私どもを信頼し安心してお話しいただき、オールシップに頼んでよかったと思っていただけるよう、皆様の在留資格(ビザ)の取得、帰化申請のお役に立てたらと考えております。

お気軽にお問い合わせください。(日本語のみ)0120-966-076営業時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

初回無料相談予約はこちら メールでのお問い合わせは24時間受付中