留学生の就職とビザの変更手続き

留学生の就職とビザの変更手続きについてお話していきたいと思います。

留学生が日本で就職する場合、今現在もっている「留学ビザ」では日本に在留することはできず、働くことが可能な就労ビザに変更する必要があります。(※就労制限のない下記の図の身分系のビザで在留している方は、就労ビザへ変更する必要はありません。)

日本で就労することができる在留資格にはどのようなものでしょうか?

このうち大学や短大などを卒業した留学生の大部分が取得するビザが「技術・人文知識・国際業務」のビザです。

ビザが取得できるかの大きなポイントとして「仕事内容と学歴や大学等の専攻内容との関連性」がとても重視されます。

ですので、工学部など技術系の学部を卒業した方が経理業務につくというのは、基本的には関連性が認められずビザの取得が難しくなります。

せっかく就職活動をして内定をもらっても、ビザが取得できないと日本で働くことはできません。

そうならないためにも、自分のこれまでの学歴や職歴からどのようなビザが取れる可能性があるのかを理解した上で就職活動をすることがとても重要になります。

留学生の就職活動の流れと留意点

日本の就職活動は独特と言われます。

就職活動から入社までスムーズに進めていくためには、日本での就職活動の流れとビザ取得のための注意点について知っておくことも重要です。

※上の図はあくまでごく一般的な就職活動の流れです。企業によっては別の手続きや別の選考方法をとる場合もありますので、実際に就職活動をする際には、どのような手続きや流れになるのか学校やご自身の希望する企業に確認して下さい。

※日本人は大学の専攻などに関連しない職種につくこともありますが、在留資格取得の観点から、学歴や専攻、これまでの職種に全く関連のない企業(職種、仕事内容)では在留資格の変更の許可を取得するのは難しいです。

卒業までに就職先が決まらなかった場合

卒業までに就職先が決まらなかった場合、「留学」の在留資格の在留期限が残っていても、学校を卒業した後は「留学」の在留資格で日本に在留し続けることはできません。では、卒業までに就職先が決まらなかった場合には、どうしたらいいのでしょうか?

①継続就職活動大学生

「留学」の在留資格で日本の大学(大学院、短大等を含む)等を卒業した外国人で、卒業前から行っている就職活動を引き続き継続することを希望する方

②継続就職活動専門学校生

「留学」の在留資格で日本の専門学校で専門士の称号を取得して卒業した外国人で、卒業前から行っている就職活動を引き続き継続することを希望する方で、専門学校で習得した内容が「技術・人文知識・国際業務」等の在留資格に該当する活動と関連があると認められる場合

①、②の場合には「特定活動(就職活動及び当該活動に伴う日常的な活動)」の在留資格に変更できます。(ただし、直近まで通っていた学校の推薦状やその他の立証書類が必要で、書類内容や在留状況に問題ないかなどの審査を経て許可されます。)

この場合は在留期間は「6ヶ月」です。1回のみ更新することができるので最長で1年在留することができます。

就職先が決まっているが、卒業後、お仕事の開始まで期間があいている場合

先ほどの場合と同じように、「留学」の在留資格の在留期限が残っていても、学校を「卒業」した後は、「留学」の在留資格で日本に在留し続けることはできません。では、3月に大学等を卒業したが、就職が9月からの場合にはどうしたらいいのでしょうか?

この場合にも、一定の要件を満たす場合には「特定活動(就職内定者)」の在留資格に変更できます。

就職継続の特定活動も就職内定者の特定活動の場合も、「留学」の在留資格の場合と同じ資格外活動許可を受けることができます。

※この情報は投稿作成時の情報を元に書いています。今後の法改正などにより事情が変わる場合もあります。

Follow me!