日本人と外国人の間に生まれた子の国籍

外国人の受入が拡大し、今後益々日本に来る外国人が増加することが予想されます。

また国際化社会が進み、国際結婚も珍しくなくなりました。

国際結婚をした日本人と外国人。

二人が一番気になることって・・・

二人の間の子の国籍ってどうなるのでしょうか?

そう。お子さんのことですよね。

そこで、日本人と外国人の間の子の国籍について考えてみます。

国籍の考え方

出生によって国籍を取得する場合、その生まれた子の国籍がどうなるかは国によって異なります。大きく分けると

【血統主義】 日本の国籍法のように、日本国民の子として生まれた子に対して日本の国籍を与えるという考え方

【生地主義】 アメリカの国籍法のように、その国の領土内で生まれた子に対してアメリカの国籍を与えるという考え方

があります。

最近では、日本人夫婦でも子のアメリカ国籍の取得のためハワイで出産なんて話をよく聞きます。この場合、日本人夫婦の子供であるため、出生と同時に日本国籍を取得でき、生地主義のアメリカ(ハワイ)で生まれているためアメリカ国籍も取得できるんですね。

だから日本国籍だけでなくアメリカ国籍も取得できるのね。

※日本人夫婦の子供が生地主義をとる外国で生まれた場合、3ヶ月以内(出生届に記載する箇所がありますので、出生の届出の際に日本国籍を留保するかどうかの意思を表示することになります)に日本国籍を留保するとの意思を表示しないと、生まれたときに遡って日本国籍を失うとされているので注意が必要です。(二重国籍となる場合でも国籍留保の手続きが必要となるのは海外で生まれた場合が対象です。)

血統主義について

血統主義についてもう少し踏み込んでお話しすると・・・

血統主義には父系血統主義と父母両系血統主義があります。

【父系血統主義】 父の国籍を取得する考え方(ネパール、スーダン、モルディブなど)

※日本も昔は父系血統主義をとっていました。父系血統主義を取ると、父が日本人ならばその生まれた子は日本国籍を取得することになります。この場合、父が外国人、母が日本人の場合には日本国籍を取得することができません。

【父母両系血統主義】 父または母のいずれかの国籍を取得する考え方(日本、韓国など)

※現在日本はこの父母両系血統主義をとっています。

また血統主義や生地主義を取る国でも一定の条件を設けて国籍取得を認めている国もあります。

日本人の夫、外国人の妻の間に生まれた子の国籍

日本人夫と外国人妻の間に生まれた子は日本国籍を取得します。奥様の国籍によっては二重国籍となります。

日本の国籍法(第2条1項)では、

「出生の時に父又は母が日本国民であるとき」

は日本国籍を取得するとありますので、出生と同時に日本国籍を取得します。

ただし、出生の時点で法律上の父子関係が必要となります。

どういうことかというと、

DNA的には本当の父であっても、父母が婚姻していない場合には、法律上の父子関係が存在しないので、父がお腹の赤ちゃんを認知(胎児認知といい、胎児認知届が必要です。)していない限り、生まれた子は出生と同時には日本国籍を取得できません。

この場合には、出生後に日本人の父が子を認知すれば、子が20歳までの間に法務局に届け出ることによって日本国籍を取得することができます。

外国人の夫、日本人の妻の間に生まれた子の国籍

外国人の夫と日本人の妻の間に生まれた子は二人が婚姻をしていても、婚姻していなくても、基本的には日本国籍を取得します。(夫の国籍によっては二重国籍になります。)

日本人の母のお腹から生まれた子に関しては、分娩(出産)という事実のみによって法的にも母子関係が生じると考えられていますので、たとえ婚姻をしていなくても日本国籍を取得できると考えられています。

重国籍の場合

日本の国籍と外国の国籍の両方を有する方は、

①20歳になるまでに重国籍になった場合 → 22歳になるまで

②20歳になった後に重国籍になった場合 → 重国籍となった時から2年以内

に国籍を選択する必要があります。

期限までに国籍を選択しない場合には、日本の国籍を失うことがありますのでご注意ください!

Follow me!

次の記事

就労資格証明書