再入国許可とみなし再入国許可

有効な在留資格で日本に滞在する外国人の方が、再入国許可を受けずに出国した場合は、今持っている在留資格は消滅してしまいます。

この場合は、再度日本に入国するためには改めて査証を取得し、上陸審査手続きを得なければいけなくなり、手続きがとても煩雑になります。

それでは、日本で仕事しているけどビジネスで短期間海外に出張する方や一旦母国に帰国しなければならない方は、どうしたらいいのでしょうか・・・

そういった場合に利用するのが

  • 再入国許可
  • みなし再入国許可

です。

どういう手続きかというと、日本に在留する外国人で、在留期間の満了の日より前に日本に再入国するつもりで出国する場合、出国する前にあらかじめ「(みなし)再入国許可」を得ていれば、再入国する際に通常必要とされる査証が免除されます。また、再入国後はこれまでの在留資格及び在留期間が継続しているものとみなされます。

再入国許可とみなし再入国許可の比較

再入国許可みなし再入国許可
対象となる人日本を出国した後1年以上日本に戻らない場合
※「短期滞在」の在留資格をもって在留する方は原則再入国許可は認められません
有効期間3ヶ月を超える在留資格を持っている方が出国の日から1年以内に再入国する場合
※「短期滞在」の在留資格をもって在留する方はみない再入国許可の対象になりません
有効期間最長で5年を超えない期間(ただし、この有効期間は所持している在留期間の範囲内)
特別永住者は最長6年

※やむをえない理由で期限内に戻れない場合には延長可
出国の日から1年以内(ただし、この有効期間は所持している在留期間の範囲内)
特別永住者は出向の日から2年以内

※有効期間の延長不可
手続きの場所申請人の住所地を管轄する入国管理局出国申請時に空港で手続き
費用1回限りのもの:3000円
複数回有効のもの:6000円
手数料はなし

「みなし再入国」は1年以内または在留期限のどちらか早いときまでに日本に再入国する必要があり、期限内に再入国しない場合には、どのような理由であっても在留資格を喪失してしまいます。また海外の日本大使館などでこの期間を延長することもできませんので、ご注意ください

Follow me!

前の記事

就労資格証明書

次の記事

浦安市花火大会